Diary of Rino Tsugumi

アクセスカウンタ

zoom RSS 「鮫の群れ」第2話

<<   作成日時 : 2017/05/18 11:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

結成から数日、5人はひたすら、デビュー曲の歌とダンスの練習に明け暮れていた。
初ライブは2週間後、5人のあらゆる事情―現役大学生の姫那乃、通信制高校に通いながらアルバイトもしている現役JKの小華、弟の学費を捻出するためにアルバイトをしている月渚、妹弟の面倒を見ている鈴音の事情―を顧みて、土曜日の夕方に設定されてあった。
5人の中で1番暇―と言うと語弊があるかもしれないが―な葵は、メンバーの事情を気にしてか、いつしかメンバーの心のケアがうまくなったという。例えば月渚や小華がアルバイトで練習を途中で抜けなければいけなくなった時に、葵はこう声をかける。
「バイト行ってらっしゃい。ダンス覚えるのはゆっくりでいいから」
そんな葵のメンバー思いな行為の甲斐あってか、プリティ・シャークのメンバー5人の心の距離は縮まった。

 *

いよいよ、プリティ・シャーク初めてのライブ。ただし、単独ではなく、GirlFriendsほどは売れていない地下室アイドル17組、総勢69人での合同ライブである。プリティ・シャークは6番目だ。
体の弱い小華が、本番前に腹痛を訴える。
「こぱるん、大丈夫?」
「あ、えっと、その…緊張でお腹が痛くて。…でもそのうち治ると思います」
「今までやってきたことを精一杯やればいいから、ね」
「がんばろーっ!」
「みんな…ありがとうございます。思ったより早く、腹痛が治りました」
「よかったー」
「さ、みんな、行っくよー!」

 *

「続きまして、本日めでたくデビューを果たしました、プリティ・シャークのみなさんの登場です!どうぞ!」
小華、月渚、葵、姫那乃、鈴音の順にステージ左から登場する。
「わたしたち、今会える週末アイドル、プリティ・シャーク、シャークのSは、鈴がりんりん、すずりんこと、柳川鈴音です!」
「シャークのHは、呑気なヒナ、ぴなのんこと、池上姫那乃です!」
「シャークのAは、青い空から舞い降りた、あおちゃんこと如月葵です!」
「シャークのRは、月の妖精、るーにゃんこと、櫻田月渚です!
「シャークのKは、ちっちゃいお花、こぱるんこと、今城小華です!」
鈴音が声を合わせる。
「せーの!」
「5人で1匹、鮫の群れ、プリティ・シャーク!!!!!!!」
決めポーズもかっこよく決まったところで、デビュー曲の披露だ。

 *

ライブは大盛況だった。
「みんなさー、明日は忙しいの?るーにゃんはバイトって言ってたね、こぱるんは?」
「学校の宿題がちょっと残ってて…」
「そっかー…。すずりんは実家に帰るの?」
「そうですねー、帰らないと…」
「ぴなのんは?」
「わたしも大学のレポートが…」
「みんな大変だねえ…。やっぱヒトカラかぁ」
「え、カラオケ行くんですか?」
「うん」
「気を付けてくださいね、あおちゃん先輩。おっかないところありますから」
月渚がこの時感じた嫌な予感は、的中してしまう。
「おっかないって失礼な!大丈夫に決まってるわよ〜」
そうとも知らない葵は、完全に油断していた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「鮫の群れ」第2話 Diary of Rino Tsugumi/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる